読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学習院大学には登録有形文化財に指定された建築がたくさんあった

TOEICの会場が学習院大学でして、終わった後にキャンパスを探検してみました

当然ながら他の大学のキャンパスに行くことはそんなに無いので楽しいですね

 

正門(有形文化財

f:id:atara_shi:20160626204205j:plain

まずは正門

1908年に目白に移転した時から100年以上正門として使用されている

こうやってビシっと正門らしい正門があるのは大学の大学らしさを感じられますね

ちなみにうちの大学はどこが入り口なのかなんだかよくわかりません

 

南一号館(有形文化財

f:id:atara_shi:20160626204208j:plain

 1927年完成、中等科・高等科の理科特別教場として使用されていたが後に大学理学部の研究棟となった後現在は教室に

ネオゴシック様式のこの建築と木の緑の雰囲気がすばらしいですね

大学のキャンパスらしいキャンパス、絵になります

 

西一号館(有形文化財

f:id:atara_shi:20160626210018j:plain

f:id:atara_shi:20160626210017j:plain

1930年完成、左右シンメトリーに建てられているのが特徴

現在も教室として使用されている

 

東別館(有形文化財

f:id:atara_shi:20160626204216j:plain

f:id:atara_shi:20160626204217j:plain

1913年完成、正面玄関の大きな車寄せは馬車で通学する皇族のために造られた

学習院大学ならではの特徴ですね

 

北別館(有形文化財

f:id:atara_shi:20160626204215j:plain

1909年完成、図書館として使用されていた

北二号館の建設に伴い移転した経緯がある

 

乃木館(有形文化財

f:id:atara_shi:20160626204210j:plain

1908年完成、総寮部取り壊しの際全寮制を導入した乃木院長に由来し命名された

 

中央教室頂部

f:id:atara_shi:20160626204213j:plain

1960年前川國男によって設計され完成した中央教室の頂部

大学のシンボルでもあった特徴的なピラミッド型の大教室だったが2008年解体

跡地は中央教育研究棟となっている

 

中央教育研究棟

f:id:atara_shi:20160626204212j:plain

2010年ピラミッド教室の跡地に完成

教室、事務室、研究室があり12階建て

周りの雰囲気に合った外観です

内部にはエスカレーターもあり便利です

学生の身になってみるといくら歴史があるからといっても新しくて便利な教室がいいと思うのは仕方ないことかと思います…

 

輔仁会館

f:id:atara_shi:20160626204214j:plain

学生食堂、ラウンジ、売店があり訪れた日曜日も賑わってました